お風呂のLED電球がやたら早く切れるまさかの原因とは?

お風呂のLED電球がやたら早く切れるまさかの原因とは?

最近こんな事が有ったので皆さんと共有できればと思い記事にします

LED電球って長持ちなんでしょ?

LED電球は電気代もとても安く、ワット数に対して明るくて経済的、1日8時間使用しても13年以上持つなんて言われていますが実際はどうなのでしょう

私の家もそんな話を聞いて家中全ての電球を5年位前にLED電球に取り替えたのですが、最近になってお風呂の電球が片方だけチカチカ消えたり点いたり、ホラー減少が(笑)起きるようになってきました

聞いていた話じゃLED電球が切れる時はいきなり切れるって聞いてたのにチカチカ消えたり点いたりは不気味すぎますよね、しかも片方だけ・・・

「なんだよ~LED電球って長持ちするんじゃなかったの?」

お風呂の電気なんて使っても1日2時間位、どう計算しても合いません

まずはLED電球周りを調べてみる

もう一度LED電球をググってみると・・・フムフムなるほど、湿気には弱いとの事、そこで電球カバーを外して調べてみると

やはり特に気になるところは有りません、パッキンもしっかりしてますし、大丈夫な方と比較しても同じ状態でした

取りあえずLED電球を取り替えてみます→しっかり点きます

という事は本体には問題が無くやはりLED電球に問題が有ったという事になるのですが、これで放置はできません、たまたま電球に問題が有っただけなら良いのですが、他にもっと重大な問題が有るかもしれませんからね

まさかの原因

という訳でユニットバスの点検口を開けて覗き込んでみると・・・

へ?・・・え~~~~~~~?そんな事有るのか・・・

そうなんです、何と換気扇のダクトが外れてしまっていてお風呂の湯気が屋根裏にダダ漏れになっていたのです

なのですが、何故かその時の外れてしまっている時に撮った写真だけ写っておらず、直した後の写真しか有りません、湯気のせいなのか、怪奇現象なのか分かりませんが少しだけヒヤッとしましたよ(笑)

赤い丸で囲まれた部分が外れてしまっていて、ダクトが上を向いてしまっていました、地震のせいなのか経年劣化が原因なのかは分かりません、新しいアルミテープを貼っているところが外れていたところです

多分切れてしまったLED電球はダクトに囲まれたところに有ったため余計に湯気が溜まり球切れを起こしてしまったのでは?と推測します

いつもどこか壊れて直しているためアルミテープもたまたま家に有って良かったです

有ると何かと便利ですよ!

※注意!

今回は簡単な作業だったため自分でできましたが、周りには電気系統等も有り感電の危険も有るため無理な作業はオススメしません、危ないと感じたら即業者さんを呼びましょうね!

今回はこんな事例が有りましたというご報告まで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA