明晰夢を見るのは簡単?本当に有った明晰夢の怖い話

この記事は10分で読めます

●本当に有った明晰夢の怖い話●

こんにちは、みなさんは明晰夢って信じますか?というより明晰夢を見れる人って信じられますか?

 

簡単に言うと、明晰夢とは自分が見る夢の中でこれは夢だと自覚している状況のこと、また夢を自分の思い通りに変化させることも可能だとか・・・(ここでは明晰夢についての細かい説明は省きます)

 

そんな楽しい経験なら毎日でもしたいな~なんて思ってしまいますが、この話を聞いたら「やっぱりいいや・・・」と思ってしまうかもしれません・・・

私の明晰夢体験

実は私も一度だけ明晰夢を見たことが有ります、それはまだ十代の頃ですハッキリ何歳とは覚えて無いのですが、その頃は嬉しいことや信じられないことが有るとホッペタを結構思い切り抓る癖があって、普通に毎日の様に抓りまくっていました

 

そうは言ってもなかなか夢の中で抓るというのが難しいもので体験できないまま時間は過ぎて行きました

 

それが有る夢の中でたまたまその癖が出た時が有ったのです、「本当かよ~嘘じゃね~のか?」なんて声が聞こえて来そうですが、これ本当なのです

 

その夢がこんな感じでした、夢の中ですが衝撃的だったせいか今でも結構リアルに覚えています

 

夢の中は夜でした、自分の立ち位置から見ると左側に湖が広がり狭いけれども砂浜が有り、そこにはテーブルとパラソルが5個か6個位まばらに立っていました、色まではハッキリ覚えてませんが、白と赤が多かったような気がします

 

その周りには海の家に良く有るようなプラスチック製か何かの白い椅子が囲んでいます、正面には大きな山が聳えており右側は小高い擁壁になっていてそこの上には道路が走っていました、何故見えない筈の上の道路が分かったかと言うと、ヘッドライトの明かりがたくさん通り過ぎて行くのが下からも見えたからです

 

私全く絵心が無い下手くそなのでこんな感じになっちゃいますが👇本当はもっときらびやかで夜なのに明るい感じです

私はその砂浜にいました、周りには誰もいません、目の前にはパラソルと、そのテーブルの上には数え切れないほどのお菓子が(笑)

 

まだ若かったためお菓子は大好きでしたが夢にまで見るとは・・・(まあ今でも好きですが)

 

マジカ~と思った私は夢の中でとっさにほっぺを抓っていました、するとどうでしょう全然痛く有りません!例えようが無いのですが、後に起きてから感じた事を言うなら

 

その時の感覚は「モワッと」とでも言うのでしょうか、明晰夢に慣れてないからでしょうか、変な感覚なのです、夢の中で夢を見てる感覚?ハッキリ見てるのに見てない感じ?とにかく説明は難しいですがそんな感じです

 

「え?マジ?え?」と夢の中で思ったこともハッキリ覚えています、もう何十年も前の事なのに昨日のことのように覚えています

 

そして次の瞬間これって夢か??と夢の中で直感したのです、夢の中で「これは夢だ!」と直感できた時のあの快感は思い出すだけでとてもワクワクゾクゾクする感覚です

 

ただ残念だったのはそれが長続きすることができなかったことです・・・

 

「これは夢だ!食い放題だ!」と思いテーブルに手を伸ばして食べようとした瞬間に目が覚めてしまったのです・・・

 

起きた時は今のは現実だったのか?正確に言うと現実に体験できた明晰夢だったのか?と考えられるまで少し時間を要しました

 

少しの時間ゆっくりと考え今夢の中で夢って分かった!と理解できた瞬間、もの凄くガッカリしたのと同時に急いでもう一度寝てまた夢に戻ろうとしましたが「朝起きるのが大の苦手」の私なのに、興奮していてまったく眠ることができなくなってしまいました

 

それが私の最初で最後の明晰夢体験だったのですが、いまだに、また明晰夢を見てみたいなんて思ってますが日々何かに追われ続ける生活?を過ごしている為か、生きてくのに精一杯のせいか?見ることができません、もちろんかなり前からホッペタは抓ってませんが(笑)

幼い頃の不思議な夢

「ちょっと横道に逸れますがみなさんこんな夢見たことありませんか?」

 

明晰夢体験はそれきり無く、また体験したいと思ってますが、それ以外で夢に関しては幼い頃ですが本当に楽しい不思議な夢を覚えています

 

みなさんも有ると思いますが、中学生位まででしょうか良く飛ぶ夢をみました、その場所はビルや普通の民家が立ち並ぶ町だったり、グランドキャニオンみたいな崖だったり、梨畑やスーパーの駐車場みたいなところをフワフワ地面ギリギリで飛んでいて落ちそうになり、下から誰かが足を掴もうとしているのをバタバタしながらなんとか飛んでいたり(笑)(これが明晰夢だったらもっと楽しかっただろうな~と思います)

飛べなくなり地面に着くと決まって同じ様な町中の狭くゴチャゴチャしたところを歩いています、そこには夢の中でいつも行く一軒家が有ります、もちろん自分でもよく分かりません

 

そこの両脇が土壁の階段を2階へと登って行きます、上がると右側に和室が有りいつもそこへ入るのですが、知らないおじさん達と楽しそうに話している私を少し上から見ているところで目が覚めるというおかしな夢なのです

 

不思議と夢に出てくる場所はいつも同じ様な景色で、起きた時に懐かしささえ覚えたりします、ここまではよく有る思春期に見る夢だろ?なんて思いますが、次にお話する夢は本当に前世ってあるのかもと思ってしまう夢でした

前世は存在する?

もっと遡りますが私が覚えている一番幼い頃の夢で、いつも同じ夢を見る時期が有りました

 

まだ幼稚園に入るまえの数年間だったと思います、親にも確かめたので間違えありません、起きるとこんな夢みたよ、なんていつも報告してました、今でもハッキリ覚えている夢の一つです

 

その夢では私は大人なのですが、広い道が有ります、両側には広葉樹が並んでいます、多分ポプラか何かだと思います、その道は全て硬い土です、濃い茶色で覆われています、その真中に線路が永遠に走り、そこをクリーム色とモスグリーンのチンチン電車が走っているのですが私はいつも追いかけて走って行き飛び乗るのです

 

何故かいつも飛び乗ったところで目が覚めてしまうのですが、幼い頃この夢を何十回も繰り返しみたのです

 

親に話しても、多分小さい頃テレビかなにかで見たんじゃないの?とか、たまたまだろ等そっけない返答しかもらえませんでしたが、たまたまで何十回も繰り返し見ますかね、今でも何だったんだろう、きっと何か意味があったんだろうな~なんて思ったりします

 

みなさんも似たような事ありませんか?前世って存在するのですかね、まあ分子レベルでは永遠に残ると言われてますから、その分子が何かと結合して万が一の万が一くらいで残ることも有るのでしょうかね?

本題です・明晰夢は簡単に見れる?

すみません、話はとんでも無く逸れてしまいましたが、ここからが本当にお伝えしたい話しです

 

直接知っている人ではないのですが仲間の知人で、面白いと言うか怖い話しを聞きました

 

その方は明晰夢を真剣に自分の物にしようと長い間取り組んでいた(過去形です)現在50歳手前の方です、最初は私のように「夢の中で自由にできたら楽しくて仕方ないだろうな」くらいの軽い気持ちだったそうなのですが

 

本格的に興味を持ち取り組んでいくうちにそれを会得することができたらしいのです、が・・・それなりに副作用や思惑通りにならない恐ろしい事が多々起こるらしいのです

 

とても楽しい体験ができ、精神的にも良しとされている明晰夢が悪い方向へと導くとしたら・・・

 

彼も私と同じで幼い頃から「夢の中で思ったとおりにできたらいいのに」という思いが強く、なんとかできないものか?と、よく考えていたそうです

 

ちょうどそんな時、彼が小学2年生の頃だったそうです、夢の話しをしたところ親戚の叔父さんから明晰夢の存在を聞き、そんな方法なら自分でもできると思い始めたそうです、どういう方法かと言うと至って簡単で

 

私が実践していたホッペタを抓るのとあまり変わらず、彼の場合は「手を抓る事と夢日記をつける」だったそうです、確かに人前で抓るならホッペタよりも手のほうが目立たなくていいですからね(笑)

 

ただ私と違っていたのはここからです、私の場合は嬉しかったり特別な事が有った時だけホッペタを抓ってたのですが、彼の場合は徹底してました、ほぼ全てのシチュエーションで手を抓る癖を付けていたそうです

 

公衆トイレに入った時、授業中、昼ごはんを食べる時、町中を歩いている時、人と話しながら等々、とにかく思い立ったらすぐに抓る!を徹底していたらしいのです

 

夢日記は夢を見る度に朝起きてすぐに書くことによって、夢の中で今見てるのは夢だと自分に認識させるための訓練だそうです

 

でもたったそれだけで明晰夢がみれるの?と思う方もいると思います、確かに最初は簡単じゃ無かった様で、夢の中でもしかして!と思った瞬間に目覚めてしまうことが多かったり、せっかく夢をみたのに抓る事ができなかったり、抓ったのにモヤッとしてよく分からなかったりが多かったとの事です

 

しかし自体は一変しました、多分小学3年生位だったと言っていたそうです、いつも通り彼はまた明晰夢がみれないかなと思いながら眠りにつきます

 

その夢の中で、彼はお母さんとデパートに居たそうです、いつも通りお母さんのつまらない買い物に付き合わされて売り場でブラブラしていると、ハットしたそうです、何か変だと思ったそうですよ、凄いですよね普通夢の中で変だなんて思いませんから

 

何が変だったのか聞くと小学生だった頃の彼はこう答えたそうですよ、「水平がおかしいしハッキリしてない、輪郭もおかしい」って・・・普通夢の中でそんな事思います??やっぱり訓練の賜物なのですかね、いつも現実も夢も同じ様に考えてないとこうはなりませんよね、(ちなみにその方は今現在某大手の技術者です)

 

私は咄嗟に「本当かよ~~」って言ってしまいましたが

 

そして話は続きます、彼お得意の「手を抓る」を実践したそうです、するとその時は目が覚めること無く違和感を感じたそうです、夢なので痛くない、画面がボワンとしたそうです

 

そしてそれを実感した瞬間彼は一緒にいたはずのお母さんが居ない事に気付き、さっきまで洋服売り場だったはずが瞬時におもちゃ売り場にいたそうです

 

夢だと確信した彼は欲しかったおもちゃを手に取り、その場で遊び始めたそうです

 

ただ気になったのはその時の順序です、おもちゃは箱から出したのか?映像はハッキリしていたのかを聞いたところ、やはり箱から出す前に手にとって遊んでおり、映像の中のおもちゃも起きてから思い起こせばハッキリしてなかった様な適当な感じでは有ったとのことでした

 

やはり所詮記憶領域から自分で引っ張り出してきた映像なのでところどころいい加減になってしまうのは致し方ないことなのかも知れません

 

もっと訓練されるか、半端ない記憶の持ち主ならもっと繊細な映像を見ることができるのかも知れませんね、ただ話はこれで終わりでは有りません

本当は怖い明晰夢

それからというもの彼は明晰夢の世界にのめり込んで行ったようです、気持ちはとても分かりますがそれを継続できたのは凄いと思いますよ、だって子供ならすぐに飽きてしまったり、遊びに夢中になるのが普通ですからね

 

私の場合は明晰夢は見たいと思ってもそこまで努力してまでのめり込めませんでしたから、二度と見ることはできませんでした、やはり一つの事に長期間集中できる強さがエンジニアになれる器なんだな~~なんて思ってしまいましたよ

 

そして彼は夢日記の影響も有り、夢を見る度にほぼ手を抓ることができるようになったそうです、要するに夢を見れればほぼ明晰夢となるを実現できるようになったそうなのですが、副作用が出てきたらしいのです

 

①想像以上の倦怠感

彼もある程度予想はしていたらしいのですが、ここまでの疲労感が出るとは予想してなかった様です、朝起きても寝た気がしない・・・まあそりゃそうだろ!とツッコミを入れた方も居ると思いますが

 

一般的に明晰夢はレム睡眠時に前頭葉が半覚醒状態時に起こる現象とされていますが、覚醒しているのならば寝ていない事になります、なので脳は疲れたままとなってしまうのです、逆に明晰夢を見すぎると廃人になる可能性も捨てきれない危険性が出てきます

 

②明晰夢は操れない・・・

夢の中で夢と分かればもちろん自由にコントロールして好きなことを思う存分してみたいですよね、ところがです、どうやらそういうわけには行かないようなんです

 

彼曰く寝る前の精神状態や直近に起こった印象に残る記憶が全てを占めるらしいのです、どういう事か

 

寝る前になるべく自分が見たい夢を想像します、誰かとデートしたいとか、海外旅行へ行きたいとか、フェラーリに乗りたいとかとか・・・とにかく今一番自分が欲しい物ややりたいことを想像しながら寝るようにします、もちろん彼の場合は手を抓ることを忘れずに

 

すると確実では無いらしいのですが2割くらいの確率で自分の想像に近い明晰夢が見れる様になるとのことなのです、これは普通の人では有り得ませんね、羨ましい限りです

 

ただそうでない場合が問題なのです、例えば直近で嫌なことが連続したり、寝る前に誰かと喧嘩をしたとします、すると寝る時の精神状態もイライラモヤモヤしてしまっているためそれなりの夢になるようなのです

 

そんな中で夢をみると大抵は喧嘩や揉め事になっているそうで、せっかく明晰夢に気が付き、喧嘩をしているシチュエーションの中で「これは夢なんだ!夢なんだよ!」と叫んでも相手に伝わらず喧嘩続行となり、夢なんだからいいだろうとばかりに相手を思い切り殴ったそうですが、それでもシチュエーション変わらず、仕方なく目覚めろと思っても夢の中の揉め事が解決するまで目覚めなかったりと、思った通りになってくれず起きた時の疲れが倍増してしまうらしいのです

 

そうなのです・・・そこまで訓練した彼でも明晰夢は自由にコントロールできません、自分の夢なんだから夢に気付いた時くらい自由にさせてくれればいいのに脳は複雑でわがままです

恐怖の明晰夢・彼が明晰夢から遠ざかった理由

それでもめげずに明晰夢を自分の物にしようと頑張っている彼にとんでもない恐怖が訪れたのです(ちなみに彼は都内のタワーマンションに住んでいます)

 

もう明晰夢を見よう!なんて気合を入れて考えなくても明晰夢を見れる体質になっていたのでしょう、いつも通り寝床に着き寝ようとした時の事です

 

「ピンポーン」とチャイムが鳴ったそうです、なんだよこんな夜更けに(23時頃)、と思いつつ玄関まで歩いて行きドアを開けると誰も居なかったそうです

なんだよ全くと思いながら玄関からまっすぐに伸びた廊下を歩き、また布団に戻ろうとしたそうですが、その時リビングのドアの手前左側に有るトイレに寄ってから寝ようと思い、古臭い板で出来たようなトイレのドアを開けたそうです、すると

 

和式便器が有り、その上に赤いボロボロの着物を着た傷だらけの日本人形3体が首をつった状態で頭から血を流しながら天井からぶら下がっていたそうです

さすがに「ギャーーー」となり大急ぎで玄関から逃げようとして玄関に走り出ようとすると、目の前にすりガラスの引き戸が有り、すりガラスの向こう側に何か有る気配は感じたそうですが、大急ぎで左に引いて開けたそうです

 

するとそこの大きな玄関に人が一人入れるくらいのダンボールが置いて有り、何だろうと恐る恐る見ていると、いきなり中からボロボロの割烹着を着たおばあさんが起き上がって来て四つん這いで這って来たと言うのです

叫びながら慌ててリビングへ引き返し首を吊った日本人形が居るトイレを左手に見ながら大急ぎで通り過ぎてリビングのドアを開けソファーが見えた途端に目覚めたそうです

 

リビングのソファーで寝ていたそうですが、何故明晰夢をそれだけ見れる人がそんなに有り得ないシチュエーションで明晰夢と気付く事が出来なかったのか、だって都内のタワーマンションなら板切れのドアの和式トイレも玄関の磨りガラスの引き戸も有るわけ無いでしょ?と聞くと、どうやらそれだけで終わる話では無かったのです

 

リビングに座って今の夢は何だったんだろう・・・何故明晰夢って分からなかったんだろう、恐怖に支配されてそんな余裕も無かったんだな(笑)なんて自分で自分が子供みたいで恥ずかしくなって笑っていたそうです、すると

 

誰も居ないはずのリビングのドアが「ギギギギギ」と音を立ててゆっくりと開いたそうです、恐怖のあまりじっと見ているとなんと

さっき夢の中で見た割烹着のおばあさんが四つん這いでこちらへ来るではありませんか!と言うので私もゾッとしちゃいましたよ

 

そうなんですこれも夢の中だったそうです、もうどこからどこまでが夢で現実なのか分からなくなっちゃいますよね、何か気味悪いなと思いながら続きを聞きます

 

あまりの恐怖で我を忘れテーブルに有るものや周りに有るものを手当たりしだいに投げつけ、気が付いた時には割烹着のおばあさんは居なくなり静かなリビングのソファーに座っていたそうですが、何か違うことに気が付いたそうですが何が変なのかは理解できなかったそうです

 

そして手を抓り夢だと確信した彼はもう怖いことなんか有りません、立ち上がりトイレに行こうとしたところで痛みを背中に感じたそうです、振り返ってみると!

そこにはさっきの割烹着のおばあさんが鉄鍋を持っ真後ろでて立って居るでは有りませんか!!ってまじ鳥肌たったわ!

 

だってもう夢だって分かってんならそんな展開になりますかね?

 

背中の痛みで倒れたところに割烹着おばあちゃんが覆い被さってきました、それを一生懸命に手で払い除けながら叫び声を上げている時に目が覚めたそうです

 

ベッドの下に落ちていたそうです、どうやらうなされてタイミングよくベッドから転がり落ちた衝撃で背中を叩かれた映像を脳がバッチリなシチュエーションだね!とはめ込んでしまったためなのでしょう、ちなみに覆い被さってきたのは掛け布団だったようです(笑)

 

彼が言っていました、明晰夢も薬と一緒で夢と悟られないようにレベルを上げてくるのかな?夢の中でいくら夢と分かっても夢の中で目覚めた夢まで見せられたら頭おかしくなってくるよ、どれが現実で夢なのか分からなくなってくるな、本当に頭おかしくなって廃人になっちまう前に止めといた方が良いのかもしれないと

 

それを聞いて私も思いましたよ、確かに夢の中で自由に何でもできたらこんなに楽しい事は無いと思いますが、夢の中で自由にできないどころか、恐ろしい夢の中で夢と分かりながらリアルに相手をしなければならないのに目覚めることもできないなんて恐怖以外の何物でも有りませんよね、むしろ寝るのが怖くなったら精神的に病んでしまうかもしれません・・・

 

こりゃ~下手に脳への挑戦状は叩きつけずにおとなしく夢を見させて貰ったほうが懸命かもしれませんね

 

ちなみに明晰夢の彼はそれ以来暫くの間(半年位)は明晰夢に悩まされる事が有ったと言いますが、やはり考えないようにすると消えていく様で、今はもう明晰夢を見ることは無くなったと言っているそうです

 

興味本位で手を出してしまうには相手が悪かった様です、脳はきっとこう言っていたはずです、お前ら体は休んでるのに何で俺だけ働かせるんだよ!なら思いっきり怖い夢みせてやる~~~なんてね

 

しっかり寝て脳も休めて健全な体調を維持しつつ明日を迎えましょう!ではおやすみなさい(^^) 怖い夢見ませんように!

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人の自己紹介

千葉県在住の「とりあえず何でもやってみるオヤジです」できないとできる人を見つけます、何でも首を突っ込み記事にしますが、前置きは少なめになるべく単刀直入に簡単に分かりやすくがモットーです(^^)

特に私事な話題FX取引不思議な体験話音楽犬と一緒に行ける場所等々、ぶっちゃけ雑談や愚痴や役に立たない独り言か多いです(笑)、まあおっさんのたわ言ですが、たまには役に立つ話もあるかもしれませんので、よほど暇な方はご覧頂くのも有りかと、色々な境遇の人達の拠り所となれば幸いです。「何でもやってみるオヤジの会に是非あなたも!」 質問OK~です、ちなみに「かちいぬどっとこむ」は価値犬と読みます、勝ち負けの勝ちでは有りませぬ~~気楽に行きましょ~~